dプログラム vs ディセンシア
バイタルアクトローション WU

dプログラムの
『バイタルアクトローション WU』

敏感肌シリーズの効果は?

RCローション

ディセンシアの
『アヤナス RC ローション』

敏感肌専門ブランドの実力は?

肌に塗った時の感触は?使い心地対決
とろみがありますが、塗るとさらさらしたさっぱりしたテクスチャーです。時間が経つとちょっと乾燥しそうかな感じました。無香料なので癒し効果はありませんが、無臭が好きな人にはいいかもしれません。
美容液のようにつけた時にとろみのあるテクスチャーです。塗った時にしっとりして潤いが長続きします。保湿効果のある天然植物成分のゼラニウムとカミツレ(カモミール)のほのかな香りでリラックスできます。
どちらの方がお得?価格で対決
125mlの税抜き4,500円、1mlあたり税抜き36円です。通販の送料が全国一律で税込432円ですが、注文金額が税込5,400円以上で送料無料。1品だけ購入したい場合などは全国のドラッグストアや百貨店でも購入可能です。
125mlの税抜き4,500円、1mlあたり税抜き36円です。通販の送料は1品からどの商品を購入しても送料が無料なので必要なものだけを購入する事ができます。
肌に塗った時のハリ感は?アンチエイジング効果対決
メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐ美白成分『W-バイタライジングHS』と『m-トラネキサム酸』を配合しているので肌が明るくなります。しかし、ハリ感などのアンチエイジングの効果は特別感じにくい様に感じました。
ポーラ研究所オリジナル成分『CVアルギネート』配合。コラーゲンの産生を170%アップすることでハリ・弾力の強化ができます。更に肌の炎症をコウキエキスが止めてくれるので、アンチエイジング効果は高いです。
手軽に買える?購入のしやすさ
インターネットの他にも全国のドラッグストアや百貨店でも購入が可能です。お店で新商品を手軽に試せるのも嬉しいですね。
インターネットのみの販売なので、近くの店ですぐに購入したい人や、宅配の受け取りが面倒な人は不便を感じるかもしれません。
メーカーの対応は?サービス対決
dプログラムの通販の商品発送は入金が確認でき次第になるので、振込に行く時間がない時は面倒に感じるかもしれません。定期購入は3回継続ごとに5%分のポイント還元なのでお得感が少なく感じました。
アヤナスはコンビニや郵便局での後払い対応可能なので、注文後すぐに商品を発送してくれます。定期購入ならいつでも全品10%オフで購入できて、ポイントも2倍になるのでお得感があります。

まとめ:2つの化粧水、結局どっちのほうが良いのか?

以上、今人気の敏感肌化粧水、『バイタルアクトローションWU』と『アヤナスRCローション』を比較してみました。

総評としては、dプログラムの『バイタルアクトローションWU』は美白成分もあり、しっとりと潤う感触は平均点以上です。

年齢を重ねた女性の敏感肌に着目し、美肌バリア機能を整えてハリのある肌にしてくれる『バイタルアクトローションWU』はハリやシミ・そばかすが気になる肌には嬉しい化粧水だと思います。

しかし、時間が経つと乾燥しやすいのでハリ感が失われやすく、アンチエイジング効果が弱いのが不満に感じるかも。

また、リニューアルした美白成分が敏感肌の人によっては刺激が強く感じる可能性があります。敏感肌ブランドなのにそこは少し残念に感じました。

ディセンシアの『アヤナスRCローション』は美容液のようにつけた時にとろみのあるテクスチャーで、塗った時もしっとりして潤いが長続きします。

しかもポーラ研究所オリジナル成分『CVアルギネート』が入っているので、コラーゲンの産生を170%もアップしてくれます。塗った翌朝には肌がふっくらして、ほうれい線や小じわが気にならなくなりました。

季節によって肌質が変わりやすい敏感肌の人にアヤナスはオススメの化粧水だと思います。

アヤナスで少し気になるのは通販でしか購入できない点でしょうか。しかし1品から送料無料ですし、資生堂のdプログラムと同様に商品到着後30日以内なら返品交換できるので安心ですね。

『アヤナスRCローション』に配合されている、人と全く同じ構造を持つ『ヒト型ナノセラミド』はアトピー患者や重度の乾燥肌の解消に大きな効果があると言われているので、敏感肌で乾燥がひどい人にオススメです。

以上から、全体のバランスから考えるとディセンシアの『アヤナスRCローション』に軍配が上がりました!


Copyright © 資生堂dプログラム化粧水バイタルアクトローションWUvsアヤナスRCローション. All rights reserved